乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

バイクのブレーキカスタム名鑑

Superbike1299ブレーキ

市販車、Moto-GPマシン、全日本を走るバイクのブレーキを一挙公開。

完全にマニア向けの記事です。

紹介するのは2018年東京モーターサイクルショーで展示されていたバイクなので、正確にはカスタムとは言わないかもしれないですね。なにしろプロの仕事ですから。

まずトップを飾るのはこちら。

Superbike1299ブレーキ

Superbike_1299_Superleggera

DUCATI MODELS 2017 Superbike 1299 Superleggera

スーパーレッジェーラです。

カーボンモノコックフレームを採用した
世界限定500台の究極のドゥカティ

ドゥカティ・スーパーバイクを現在考えうる最高性能パーツで構成した、究極のスーパーバイク。モノコックフレーム、スイングアーム、リアサブフレーム、前後ホイール、フェアリングがすべてカーボンファイバー製となる他、燃料タンクはアルミ製を装備。フロントフォークはオーリンズ製43mmマルチアジャスタブルFL936倒立、リアショックはTTX36を採用する。

エンジンは215psを発生するスーパークアドロで、チタン製コンロッドやインテーク&エキゾーストバルブ、砂型鋳造クランクケース、シリンダーヘッドやカムシャフトなど専用パーツも多く採用されており、1299スーパーバイクというパッケージを使いつつも、スーパーレッジェーラはパニガーレとはまったく異なるスポーツバイクに仕上がっている。

残念なことは、世界限定500台で販売されたものの、すでに予定数に達している点だ。それだけに今後もプレミアムなモデルで在り続けるだろう。

出典:https://www.virginducati.com/models/models2017/models2017-superbike1299superleggera/

モトコルセ社のブースに展示してありましたので、ブレーキを始め、あちこち手が加えられているようでした。

ディスクローターがカーボンみたいで一番、気になったブレーキでした。

何の材質かわかりませんが、めずらしいですよね。

次は同じくモトコルセ仕様のBIMOTA DB5CR

DB5ブレーキ_BIMOTA

DB5CR_BIMOTA

ドカティの空冷エンジンをベースに、フレームビルダーであるイタリアのビモータが製作したバイクです。

DB5Rのイタリアンカラーがカッコ良くて、一時期ほしいなと思いました。

(残念ながら生産終了でしたが・・・)

Bimota_DB8ブレーキ

Bimota_DB8

モトコルセブースのラストを飾るはBimota DB8 oronero

カーボンとアルミを纏い、なんと車両本体価格は7,538,400円だそうです。

ZX-10RRブレーキ

Ninja_ZX-10RR

続いては、Ninja ZX-10RR

カワサキといえば2019年、激しい死闘とまさかの波乱をくぐり抜け、26年ぶりの鈴鹿8耐優勝。

カワサキ(二輪部門)は日本の4大メーカーの中でも最小規模といえるメーカーですから、本当にすばらしい結果だと思います。

ヨシムラGSX-R1000ブレーキ

ヨシムラGSX-R1000

おなじみヨシムラGSX-R1000とチーム加賀山のGSX-R1000

GSX-R1000ブレーキ

GSX-R1000

同じGSXでもホイール、ディスクローター、キャリパー、サスペンション何から何まで違いますね。

CBR100RR_SP2ブレーキ

CBR100RRSP2

CBR100RR SP2

CBR1000RRWブレーキ

CBR1000RRW

CBR1000RRW

RSV4RFブレーキ

RSV4RF

イタリアのアプリリアRSV4RFです。

RSV4RFは試乗しましたが、とにかくコントロール性の高いブレーキでした。

RC213V‐Sブレーキ

RC213V‐S

RC213V‐S

・・・こうして見てみると、レース車両でも現在のディスクローターはステンレス製が主流ですね。昔は、鋳鉄ディスクが採用されているバイクもありましたが、タイヤなどが進化したせいか、ほとんど見かけなくなりました。

私の記憶が確かなら、90年代の、アプリリアの2ストRS(市販モデル)も鋳鉄ディスクが採用されていたような。

最後はMoto-GPマシン。

RC213Vブレーキ

RC213V

RC213V

ブレーキタッチがどんなものなのか、試してみたいものです。

Superbike1299ブレーキ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる