乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

きまぐれ喫茶 (青山荘)|秦野 ヤビツ峠

きまぐれ喫茶 青山荘

神奈川県秦野市のヤビツ峠から宮ヶ瀬方面に向かう途中にあるライダーズカフェ「きまぐれ喫茶」を紹介します。

きまぐれ喫茶は「丹沢青山荘」という名前でオートキャンプも併設されています。

広々としていて、コロナ対策もされていますので、2020年はキャンプデビューする家族客が多く、何度もリピートされているとか。トイレやお風呂も完備されていますから、キャンパーデビューにピッタリですね。

「あおやまそう」ではなく「せいざんそう」と読みます

もちろん宿泊可能です。

目次

外観

青山荘 外観

こちらはオートキャンプ青山荘の宿泊施設。喫茶店の建物と並んでいるので場所はわかりやすいと思います。

ヤビツ峠から宮ヶ瀬方面に抜ける道(通称裏ヤビツ)の途中にあります。

入り口に看板があります。

きまぐれ喫茶

駐車・駐輪スペース

オーナーご自身もよくわからないぐらい敷地が広く、駐車スペースも充分にあります。

バイクなら100台、いや1,000台かな。車も余裕で20〜30台は駐められるでしょう。

ライダーはもちろん、ロードバイクのお客さんも多く、専用の駐輪スペースが用意されています。

青山荘 きまぐれ喫茶 駐輪場

入り口からの風景。掲示板の前がロードバイクやバイク置き場です。

丹沢青山荘敷地

敷地の奥から入口を見た写真。写真手前の右側が駐車スペースです。

とはいえ、厳密に決まっているわけではないようです。

何しろ広いのでイベント開催日でなければ、満車になることはまずありません。仮に写真の場所が一杯なら奥の敷地に充分な駐車スペースがあるので安心です。

店内

ブラウニー君
きまぐれ喫茶 店内
きまぐれ喫茶 内装
きまぐれ喫茶 店内ポスター

店内は天井が高く、ロッジのような雰囲気です。

ちなみにきまぐれ喫茶(青山荘)は闇金ウシジマくんの撮影にも使われました。

(けっこういろんな撮影で登場してるらしいです)

左に貼ってあるモノクロの美女はオーナーの溺愛する愛娘グレース・マーヤさんのポスター。

1年に何回かこの青山荘でライブが開催されます。
(全国各地からファンが押し寄せます)

2019年9月28日土曜日 LIVE

店内にはマーヤさんの曲がBGMとして流れていて、落ち着いた雰囲気です。

ブラウニー君

寒い時期、凍えた体でおとずれる客を暖めてくれる通称「ブラウニー君」

お店周辺は携帯の電波が届きません。その代わり店内に無料Wifiや公衆電話があります。

バスの時刻表も貼ってありました。

きまぐれ喫茶の歴史は古く、東京電力が電線を通す前から営業されています。

(当初は先代が独学で作った自家発電を使っていたそうな)

その後、東電からの要請を受けて敷地を貸し、おかげで周辺に電気が通ったのだとか。

お店にはいろんな表彰状が飾られています。

きまぐれ喫茶 表彰状

敷地内

敷地には、小川が流れていて、キャンプ施設、宿泊施設などが完備されてます。

もちろんお風呂やトイレもあります。

青山荘 きまぐれ喫茶

宿泊施設は数年前の大雪で倒壊して一時は存続が危ぶまれましたが、無事に建て替えられました。

丹沢青山荘
青山荘オートキャンプ
青山荘 オートキャンプ 池

春の池の中にはおたまじゃくしたちが泳ぎ回っていました。

きまぐれ喫茶 青山荘 敷地
きまぐれ喫茶 清流
タップすると動画が見られます
きまぐれ喫茶庭
きまぐれ喫茶敷地
きまぐれ喫茶 周辺

季節によって山の表情が変わるのも楽しみの一つです。

きまぐれ喫茶
2020.8.8撮影

きまぐれ喫茶のメニュー

※2019.8.4撮影(季節によって変わる事があります)

きまぐれ喫茶メニュー
きまぐれ喫茶メニュー
きまぐれ喫茶メニュー

一部のメニューを紹介します

きまぐれ喫茶レモネード

レモネード

きまぐれ喫茶ナポリタン

ナポリタン 昔ながらの味、定番の人気メニューです。迷ったらこれ

きまぐれ喫茶ペペロンチーノ

ペペロンチーノ にんにくがきいていて、なかなかスパイシーです

きまぐれ喫茶ホットサンド

ホットサンド パスタにするか、これにするか迷うところです

きまぐれ喫茶は敷地内に湧水があります。銘水を使った料理やコーヒーはとても美味しいです。

ボトルを用意しておけば、喫茶店利用者にかぎって水を汲んで持ち帰ることが可能です。近くに護摩屋敷の水という有名な水くみ場がありますが、きまぐれ喫茶の湧水は別格であると、湧水マニアの筆者は断言しておきます。

利用時の注意点

団体の場合は、事前に予約をした方がいいでしょう。

とくに土日・祝日のお昼時は、混み合うことがあります。

また山にある喫茶店のため、天候不順の場合は休みになります。

ちなみに店名の「きまぐれ喫茶」の由来は「営業できるかどうかは、きまぐれな山の天候次第」という事で名付けられたそうです。決して、オーナーのきまぐれでお店を開けているわけじゃないですよ。

たまにお店の人が店内に見当たらない事があるかもしれませんが、その時はしばらく待つか、正面入り口から見て、お店の裏口付近にベルがありますので、遠慮なく鳴らしましょう。

(何気にちょっと楽しいです)

すぐに駆けつけてくれると思います。

連絡先

きまぐれ喫茶(丹沢青山荘)
〒257-0023 神奈川県秦野市寺山羽風1700
お申し込み・お問い合わせ:電話優先(受付時間:10:00~16:00)
TEL&FAX&留守電:0463-75-2626
メール:info@meisui-kissa.jp

青山荘公式ホームページ 宿泊・キャンプ利用
http://www.meisui-kissa.jp

営業案内

不定休です。日々、公式ブログで営業案内を更新されていますので、お出かけ前にチェックするようにしてください。

道順

菜の花台展望台、ヤビツ峠から宮ヶ瀬方面に向かってバイク(車)で5分ほど走ったところにお店があります。

きまぐれ喫茶場所

(護摩屋敷の水という水汲み場を通り過ぎて200mほど先)

営業中のノボリが出てなくても、営業している事もあります。

どんなお客さんが訪れているのか?

・ロードバイク乗りの方
・年配のご夫婦
・バイク乗り
・登山客

じつにバラエティに富んだ人々が訪れてます。

休憩にくる人もいれば、カップルがデートで訪れたり、男子グループ、女子グループなど団体客も見かけます。

宮ヶ瀬方面(裏ヤビツ)に行く人、宮ヶ瀬からヤビツ方面に向かう人はぜひ一度、訪問してみては。

カフェテラス席もありますし、コロナ対策もされています。

秦野・宮ヶ瀬方面の通行止め

秦野・ヤビツ峠方面から宮ヶ瀬に抜ける道(県道70号線 通称:裏ヤビツ)は復旧工事により通れたり、通行止めになっている事があります。

公的機関のサイトを確認の上、お出かけすることをお勧めします。

秦野市
県道70号(秦野清川線)の一部区間通行止めについて

裏ヤビツ走行の注意点

裏ヤビツは道幅が狭く、とくに乗用車は対向車が来た場合、譲り合わないと、すれ違うのも難しいぐらいです。ブラインドカーブが多く、落石や砂、土、落木があちこちにあります。

バイクの方は、路面の状態をよく見て、早めのブレーキングと丁寧なスロットルワークを心がけてください。

ブレーキングポイント、クリッピングポイント、コーナーの出口に木の枝が落ちていたり、砂や土がたまっていたりしますから、ちょっとした判断ミスが転倒につながります。

ロードバイクの方は、スピードの出し過ぎに注意して、ブラインドカーブの先に車や、バイクが来ても止まれる速度で走るようにした方がいいでしょう。

路面状態が悪い箇所がいくつもあるので、スリップダウンや衝突に注意してください。

時間帯にもよるかと思いますが、祝日や連休中は渋滞する場合があるので、そのつもりで通ったほうがいいです。

裏ヤビツは、バイク初心者にはちょっと厳しいかもです。路面の状態をよく見て、ブレーキやアクセルコントロールが的確にできる余裕があるなら大丈夫だと思います。まちがっても飛ばさないように。

きまぐれ喫茶 青山荘

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる