乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

プロフィール

乾 ヤスタカ

教育事業家/自然治癒療法家/セールスコピーライター/ダイレクト・レスポンス・マーケター/ライフコーチ・マインドコーチ/テストライダー。

ブログ歴は16年ほど。

2013年にリターンライダーとして復帰。有限会社ガレージ湘南とYSSの三者で「CB125T JC06用 リアサスペンション」を共同開発。開発ライダーをこなしつつ、集客・販売プロモーション・Webサイト製作・写真撮影・ライティングを1人でおこない、2019年7月20日に発売した同製品は、販売開始から3時間で完売という新記録を樹立。

バイク業界で初となるプロダクトローンチを導入。

その後、2019年12月、VT250スパーダ用 YSSリアサスペンション ME302をリリース、2020年8月29日にプロモーションを手がけたCBR250RR MC22用 YSS ME302の成約率は50%を超えるなど、記録を更新し続けている。

プロデュースしたバイクショップは、一人経営者の店を3ヶ月で地域ナンバーワン、予約が途絶えない繁盛店にしている。

人脈・経験・知識すべてゼロからスタートして、バイクパーツ開発・バイクショップのプロデュースをするという挑戦は、みずからのコーチング理論「適切なアプローチを適切な手順でおこなえば、科学的に夢は叶う」を実証する、デモンストレーション的な意味合いも兼ねている。

本ブログでは、自身が学んだことや数々の実験、テスト結果を公開。

バイクを通じて得たノウハウは、コーチングやマーケティング、教育など、さまざまな分野に応用している。

実績詳細

クライアントへのデモンストレーションをかねているため、「広告費ゼロ」「人脈を使わない」「顔出ししない」「代行業者に頼まず、すべて自分でやる」という条件の下、完全にゼロからスタートして集客。

※いずれも既存客ではなく、コールドリストでの数字

YSSリアサスペンション

CB125T JC06
2019年7月20日発売
販売開始から3時間で完売

製品開発や走行テスト、マーケティングリサーチ・集客・販売プロモーション・Webサイト製作・写真撮影・セールスライティングなど、ワンオペでトータルプロデュース(全てを1人でやるのは私が世界初・・かもしれない

VT250 SPADA
2019年12月23日発売
→完全自動集客で6ヶ月後に完売

マーケティングリサーチ・Webサイト製作・写真撮影・セールスライティング

CBR250RR MC22
2020年8月26日から28日の2日間(成約率52.17%)

集客から販売プロモーション、Webサイト製作・写真撮影・セールスライティング

バイクショップ

テンプレートなしで製作したウェブサイトが複数のキーワードでSEO検索ランキング日本一を継続更新中。

(2019年9月1日サイト公開〜現在に至る)

2019年、移転後、過去最高の売上を達成。2020年にはコロナ禍にもかかわらず、行列のできる繁盛店に。

2021年1月、オンライン上で自宅に居ながらにして、エンジンのオーバーホールを見学できる「エンジンオーバーホール バーチャル見学会 TM」を公開。同年4月の時点で、3年分の仕事を受注。

・経営ビジョンの明確化
・経営戦略の策定
・集客システムの設計、構築
ビジョンに基づいたコンセプトづくり
Webサイトの製作
コンテンツ制作
写真、動画撮影
セールスライティング
ブログ、SNSの運用

ほか

開発

SNS

インスタグラム

Twitter

YouTube

好き

1,ライディング技術の向上

純粋に走る事に関心があるため、バイクを降りて観光することは少ない。磨いたり、いじる時間があれば走ることに時間を使うタイプ。ライディング関係の動画を観て、試しに行くのが好き。

2,バイクを長持ちさせる方法の探求

さまざまな故障事例や損耗状態から「バイクを長持ちさせる具体的な方法」を探求するのが趣味。エンジンオーバーホールに立ち会った数は3年間で50基以上、撮影した写真の数は5,000を超える(執筆時点)。

最近、気になっていることはトライボロジー。

ライダー

YouTubeで観られる(執筆時点)WGP500の中で、好きな動画。

4回目(4年連続)のタイトルがかかったミック・ドゥーハン(シーズン15戦中12勝。10連勝。2位2回、リタイヤ1回)に対し、「だれがミックの快進撃を阻止できるのか?」という一戦。

マイケル・ドゥーハン レプソル NSR
マイケル・ドゥーハン選手
ミック・ドゥーハン レプソル NSR
右と左で大きく異なるライディングフォーム

余談だが、第14戦インドネシアで岡田忠之さん(WGP500ccクラス 日本人最多勝利記録保持者。シリーズランキング2位は日本人では最高位)が優勝したときは感動した。

バイクやレースについて、全くと言っていいほど何も知らなかった当時、「同じバイク(レプソルホンダNSR500)に乗っているのに、どうしてドゥーハンは圧倒的に強いのか? ほかの選手たちと一体、なにが違うのか」その疑問が、レースやライディング、メンタリティなどを探求するきっかけとなった。

バイク

2気筒/単気筒/2スト/V型エンジン/ソロツーリング/WGP/アプリリア/1970年代のAMAスーパーバイク

軽快なコーナーリング、高回転までエンジンを回せることを重視するため、必然的に選ぶのは軽量級クラスになりがち。

またフラットダートを思い切り走ってみたい。

最初に乗ったバイクはNS-1。NSR50、MBX50、YB-1(2st)、CRM50、RZ50(後期)、ライブDioZX、JOG、ジャイロキャノピーシリーズ・・・2スト以外にあまり興味がなかった。

WGP500のV4サウンドにあこがれて、中型バイクには乗らず、初めての大型でRZV500Rを購入。

まだスマホがなかった時代、雑誌は貴重な情報源だった。

2ストローククレイジー

これもほぼ、同時期に読んだ雑誌。まさかその20年後、雑誌に掲載されていたショップ(YSP藤沢)の工場長や、ケニーやローソンたちと一緒にレースを走っていたライダーと日々、顔を合わせるとは思ってもみなかった。レース同様、何が起きるかわからないのが人生だと、つくづく思う。

その他

絵、イラストを見る/音楽(ROCK)を聴く/実験/断食/温泉/温冷浴/水狩り/ネコ

海外ドラマや、ギター動画、ESBK、ウェザーニュースを見る。

ライフワーク

心理学、脳科学、ナチュラルヒーリング伝統医学、マーケティング、最新学習(教育)テクノロジー

特技

人やものごとの本質を見抜いたり、ブレイクスルーポイント(真の問題点と解決策)をあぶり出すこと

抽象的なことや、複雑なことを分析して、シンプルにすること