乾ヤスタカ公式ブログ|BEAT WAVE

乾ヤスタカ プロフィール

教育事業家/カリキュラムコンサルタント/セールスコピーライター/WEB集客コンサルタント/エグゼクティブコーチ・マインドコーチ

バイク関連の実績

人脈・経験・知識すべてゼロからスタートして、バイクパーツを開発・プロデュースしたり、バイクショップの集客プロデュースして日本トップになるという挑戦は、

適切なアプローチを適切な手順でおこなえば、科学的に夢は叶う

みずからの理論を実証する、デモンストレーション的な意味合いも兼ねている。

そのため

・未経験の業種(バイク業界で働いた事はない)

・広告費ゼロ

・人脈を使わない

・顔出ししない

・代行業者に頼まず、すべて自分でやる

という条件の下、完全にゼロからスタートしている。

フェイクだらけのコンサル・コーチ業界

自分が教えている理論をみずから体現している先生は、ほとんど皆無に等しい状態。

集客できない先生が生徒さんに集客を教えたり、童貞のナンパ師が、他人に恋愛テクニックを教えたりしている。(うまくいくはずがない)なんとも奇妙な業界だ。

「現在進行系で、未経験の分野にチャレンジして、成果を出す」

そのプロセスを見せている人が一人もいなかったので、自分でやることにした。

バイクショップ

集客プロデュースしたバイクショップ(一人経営者)は3ヶ月で地域ナンバーワン。

2021年1月12日、オンライン上で自宅に居ながらにして、バイクエンジンのオーバーホールを見学できる「エンジンオーバーホール バーチャル見学会 TM」を日本初公開。

ほぼ、集客から受注までを自動化し、公開から3ヶ月で3年分の仕事を受注。

Google検索ランキング日本一を達成。

数年先まで予約が途絶えない状態を3期連続でキープしている。

マーケティングリサーチ・自動集客の仕組みづくり・Webサイト製作(設計、写真撮影、セールスライティング含む)・SNS運用・コンテンツ作成ほか

YSSリアサスペンション

有限会社ガレージ湘南とYSSの三者で「CB125T JC06用 リアサスペンション」を共同開発。

テストライダーをこなしつつ、集客・販売プロモーション・Webサイト製作・写真撮影・コピーライティングを1人でおこなった同製品は、販売開始から183分で完売という新記録を樹立。

バイク業界で初となるプロダクトローンチを導入。

2019年7月20日発売

製品開発や走行テスト、マーケティングリサーチ・集客・販売プロモーション・Webサイト製作・写真撮影・セールスライティングなど、ワンオペでトータルプロデュース
全てを1人でやるのは私が世界初、かもしれない

VT250スパーダ用 YSSリアサスペンション ME302

2019年12月23日発売→完全自動集客で完売

マーケティングリサーチ・Webサイト製作・写真撮影・セールスライティング

CBR250RR MC22用 YSS ME302

2020年8月26日から28日発売(成約率52.17%)

集客から販売プロモーション、Webサイト製作・写真撮影・セールスライティング

SNS

インスタグラム

Twitter

YouTube

バイクライフ

1,ライディング技術の向上

ライディング関係の動画を観て、試しに行くのが好き。

2,バイクを長持ちさせる方法の探求

さまざまな故障事例や損耗状態から「バイクを長持ちさせる具体的な方法」を探求。エンジンオーバーホールに立ち会った数は3年間で70基以上、レストア・修理を含めると100台を超える。

得意なリサーチ技術や、趣味の研究から、表面処理技術を中古エンジン部品の再生・修理に応用するなど、情報面から後方支援をおこなっている。

好きなライダー

ケニー・ロバーツ(Senior)/エディ・ローソン/マイケル・ドゥーハン/ギャリー・マッコイ

ヤマハYZR500に乗るケニー・ロバーツ
ケニー・ロバーツ YZR500

ハングオン(正確にはハングオフ)スタイルの先駆者的な存在。1978-1980 WGP500世界チャンピオン。

ライダーとしての功績だけでなく、GP運営側に対し安全性や、ライダーの待遇改善に貢献した。

マルボロ ヤマハYZR500に乗るエディ・ローソン
エディ・ローソン YZR500

4度の世界チャンピオンに輝いたプロフェッショナル(1984、1986、1988(ヤマハ)、1989(ホンダ))

レッドブルヤマハ YZR500に乗るギャリー・マッコイ
ギャリー・マッコイ YZR500

500ccクラスに復帰した1999年から2000年にかけて当時、ダイナミックなスライド走法で注目を浴びた。

記録上はV・ロッシなど、好成績を残したライダーはほかにもいたが、ギャリーさんの走りはそれ以上に強烈な印象として記憶に残っている。

レプソルカラーのNSR500に乗るミック・ドゥーハン
マイケル・ドゥーハン NSR500

1992年、右足切断を危ぶまれるほどの負傷を負う。その後、後遺症を抱えながらレースに復帰。

5年連続 500cc世界チャンピオン(1994-1998年)という偉業を果たす。

レプソルカラーのNSR500に乗るマイケル・ドゥーハン
右と左で大きく異なるライディングフォームが特徴

1997イギリスGP ドニントン・パーク チャンピオン決定戦

YouTubeで観られる(執筆時)WGP500の中で好きな動画。好きなサーキットでもある。

4度目のタイトルがかかったドゥーハンに対し「だれがミックの快進撃を阻止できるのか?」という一戦。

1997年戦績:シーズン15戦中12勝、10連勝。2位2回、リタイヤ1回

余談だが、第14戦インドネシアで岡田忠之さん(WGP500ccクラス 日本人最多勝利記録保持者。シリーズランキング2位は日本人では最高位)が優勝したときは感動した。

バイクやレースについて、全くと言っていいほど何も知らなかった当時、

「同じバイク(レプソルホンダNSR500)に乗っているのに、どうしてドゥーハンは圧倒的に強いのか? ほかの選手たちと一体、なにが違うのか」

その疑問が、レースやライディング、メンタリティなどを探求するきっかけとなった。

1998オーストラリアGP フィリップ・アイランド チャンピオン決定戦

ドゥーハン5回目のチャンピオンを懸けた一戦。あくまで攻めの姿勢でタイトルを獲りに行く姿勢、巧みなスライドコントロールは、いま見てもすばらしいライディングだと思う。

興味ゼロだったバイク

16歳の時、友人に誘われて原付免許を取得。

趣味でバイクに乗るつもりはなかったが、「仕事に使えそうだから」という軽い気持ちだった。

(いざ免許を取ると、求人の多くが「運転は18歳以上」だと知った笑)

最初に乗ったバイクはNS-1。NSR50、MBX50、YB-1(2st)、CRM50、RZ50(後期)、ライブDioZX、JOG、ジャイロキャノピーシリーズ・・・

2スト以外にあまり興味がなかった。(4ストは仕事用のカブ70に乗っていたぐらい)

WGP500のV4サウンドにあこがれて、中型バイクには乗らず初の大型でRZV500Rを現金一括(自費)で購入。

RZV500 ヤマハ
1984年発売

80年代前半の市販車で流行していたフロント16インチ、アンチノーズダイブ機構付のフロントサスペンション。リアは18インチだった。

いざRZV500R乗ると、想像とかなり異なっていた。

切れ込むフロントタイヤ、利かないフロントブレーキ、沈まないフロントフォーク、(NS-1と違って)合わないポジション。「どうすれば、うまく乗れるんだ??」

(注:マシンの状態が良くなかった可能性、筆者のライディング技術が未熟だったことも大いにあるだろう)

結果としてそれが良かったのか、夜な夜なフラットダートを走るなど、ライディング技術探求のきっかけになった。

「仕事を選ぶか? バイクを選ぶか

(バイクは歳をとってからでも乗れる。仕事のチャンスは今を逃すと、次があるとはかぎらない)

20歳の時、人生の転機がおとずれたためRZVを手放した。

正しい選択だったと思う。

リターンライダー

「バイクといえば関東(とくに神奈川)」

10代の頃、そう思っていた。バイク系の漫画の舞台はだいたい神奈川だし、カスタムバイクショップや、パーツショップの多くが関東にあったからだ。

神奈川に移住したのを機に、2013年からリターンライダーとしてバイクに復帰。

142ccボアアップしたCB125T
CB125T 空冷並列2気筒

実験機として購入したCB125T。RZV500Rと同様、見た目よりもエンジンで選んだ。

レストアして、栄枯盛衰を体験した。

ゼロからライディングを学び直したり(むかしはYouTubeなんてなかった)、オーバーヒートに悩まされてエンジンオイルをテストしたり、10代の頃に試したかったことを片っ端からテストしていった。

開発・プロデュースに挑戦

クライアントにビジネスを教える立場でもあるため、デモンストレーションを兼ねて、リターンライダー復帰後からバイクブログを開始。

しばらくすると、(旧ブログの)読者が次々と「CB125Tを購入した」と報告してくださった。

(本人から直接聞いた。下は大学生、上は60歳を超えた男性)

そうこうするうちに、CB125T用のリアサスペンションを開発する話が浮上。YSSサスペンション(株式会社逓省社中)、ガレージ湘南の三者で共同開発することになった。

テストライダー、集客・プロモーション・セールス、販売サイト製作(写真撮影、コピーライティング含む)、カスタマー対応を務めた。

(結果は前述のとおり)

その延長線でバイクショップの集客プロデュースをおこない、当初の予定どおり「行列が絶えないエンジンオーバーホール専門店」を3期連続でキープしている。

2ストローククレイジー
世界初の親子チャンピオン ケニー親子

この雑誌を読んだ20年後、掲載されていたショップ(YSP藤沢)の元工場長や、ケニーやローソンたちと一緒に鈴鹿8耐でレースを走っていたライダーと日々、顔を合わせるとは思ってもみなかった。

レース同様、何が起きるかわからないのが人生だと、つくづく思う。

ライフワーク

心理学、脳科学、ナチュラルヒーリング伝統医学、マーケティング、最新学習(教育)テクノロジー、推理

特技

人やものごとの本質を見抜いたり、ブレイクスルーポイント(真の問題点と解決策)をあぶり出すこと

抽象的なことを明確にしたり、複雑なことを分析して、シンプルにすること