乾ヤスタカ公式ブログ

CB125Tスイングアーム塗装

CB125Tスイングアーム

CB125Tプロリンク フルベアリング化計画 2017-2018

本日は塗装編。

目次

12月31日 作業1日目

CB125T JC06 スイングアーム

CB125Tスイングアーム

中古で入手したスイングアーム。サビが多かったのでまずサビを落としました。

スイングアーム 塗装剥離

おもしろいほど塗装が浮いてきます。劇薬なので手袋着用です。
(目に入ると失明する危険性があります)

金属ブラシを使ってゆすぎます。

CB125T スイングアーム塗装

おおまかには取れました。

2018年1月1日 作業2日目

スイングアーム 塗装剥離剤

残った塗装部分を綺麗に剥がします。

CB125Tスイングアーム 塗装剥離剤

塗装剥離

途中、剥がし液が無くなりかけるアクシデントがありましたがなんとか持ちこたえました。
そして、すすぎと洗浄です。
剥がし液が残った状態で塗装すると、塗装した部分が浮いてしまいます。まずは剥がし液を完全に水で洗い流し、それから洗剤でスイングアームを完全に脱脂します。
古いグリースを落とし、合計3回は洗浄したでしょうか。
その甲斐あってキレイになりました。
CB125T スイングアーム
本来ならここからブラストにかけますが、今回は塗装が目的ではないのでこのまま塗装することに。
CB150Tは実験機なので簡易的な塗装で十分です。
スイングアーム塗装
数日前、ガレージ湘南に入庫していたVTR250(赤黒)の赤いスイングアームがカッコ良かったので、赤色にしました。赤は綠の対比色でもありますからね。
ウレタン塗装の一度塗りで、クリアは吹いていません。
※2019年8月現在、塗装面に異常なし
色合い的にはCB1100Rというか、ちょっとレトロな赤色になりました。
塗装が終わったところで、いよいよプロリンクのベアリング化です。
CB125Tスイングアーム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる