乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

ニュートラルランプ点滅 CB125T

ニュートラルスイッチ交換

CB150T(CB125T)のニュートラルランプが点灯しっぱなしになりました。

ニュートラルスイッチのセンサーの故障です。

症状:
ローに入れても、ニュートラルランプが消えない。2速から5速に入れても同じく点灯したまま。正確にはものすごい早いスピードで点滅しているような感じ。(一定ではなく不定期なリズム)

正常になったり、点いたままだったりする。

センサーの先端が摩耗すると、このような現象が起きる。

CB125Tに限らず、だいたい5万km〜6万km走行してるバイクはニュートラルスイッチセンサーの交換時期だとか。

左のグリーンが新品センサー、右の黒が67,993km走行したセンサー。使用品は金色の部分が減っている。

左側のクランクケースカバーを開けて交換します。

交換に必要なパーツ
ガスケット(L)、センサー

※2017年11月26日旧ブログの記事より転載

ニュートラルスイッチ交換

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
目次