乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

YSS ロードレース世界選手権への挑戦

YSS 世界ロードレース選手権

前回の記事で、海外の「国内選手権」ライダーを紹介しましたが、本記事では世界選手権で、YSSがサポートしているライダー、レース結果を紹介します。

2輪ロードレースの世界選手権は大きく2つあります。

1,MotoGP
2,WSBK

MotoGP(モトジーピー)は、メーカーが総力を挙げて最新技術を投入する「レース専用車両」で競う世界選手権の名称、およびトップカテゴリーの名称です。

事実上の世界最高峰ロードレースになります。

最上位クラスのMotoGP(4ストローク1000cc、最大4気筒まで)、Moto2(4ストローク765cc3気筒)、Moto3(4ストローク250cc単気筒)と3つのクラスがあります。

MotoGP(ロードレース世界選手権)
1,MotoGP
2,Moto2
3,Moto3

WSBK(ワールドスーパーバイク)は、公道用バイクをベースとしたマシンでおこなわれる世界選手権の名称であり、同選手権のトップカテゴリーの名称です。

MotoGPとのちがいは、参加車両が市販車であること(レース専用バイクはエントリー不可)、改造範囲がせまいことです。

また1つの大会で2回レースがおこなわれる「2ヒート」制になっている点が、MotoGPと大きく異なります。

カテゴリー別にわかれているのは、MotoGPと同じです。

WSBK(スーパーバイク世界選手権)
1,World SBK
2,World SSP
3,World SSP300

このように、ロードレース世界選手権にもいろいろあるわけですが、筆者が確認できたかぎりでは、YSSがサポートしているカテゴリーはスーパーバイク世界選手権の「World SSP」と「World SSP300」です。

前置きが長くなりましたが、カテゴリ別に、ライダーとレース結果を紹介します。

筆者が独自にリサーチ、翻訳しているため、間違いや漏れがあるかもしれません。ご了承ください。

目次

World SBK スーパーバイク世界選手権

排気量上限は1,000cc(4気筒・3気筒)、1,200cc(2気筒)、最低重量は168kg以上の市販車がエントリー可能。

→執筆時点で、サポートしているという情報は確認できず

World SSP スーパースポーツ世界選手権

World SBKと併催されるレース。World SBK同様、市販車の4ストローク600cc(4気筒)、675cc(3気筒)、750cc以下(2気筒)のバイクがエントリー可能。

上位カテゴリーのWorld SBK、またはMotoGPを目指すライダーが多いようだ。

トーマス・ブース・エイモス選手

Thomas BOOTH AMOS
#69
Kawasaki ZX-6R(Prodina Racing WorldSSP

エイモス選手はイギリス出身、1996年3月12日生まれ。World SSPには今年から参戦。過去には2017年・2019年にMoto3出場、2020年から2021年までWord SSP300に参戦していた。(2021年シリーズランキング2位)

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:13位
レース2:15位

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:リタイヤ
レース2:—

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:欠場
レース2:—

エイドリアン・フエルタス選手

ADRIAN HUERTAS
#99
Kawasaki ZX-6R(MTM KAWASAKI

フエルタス選手は、Word SSP300(2021年チャンピオン)からステップアップ後、初参戦となる。

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:9位
レース2:11位

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:11位
レース2:リタイヤ

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:8位
レース2:7位

World SSP300 スーパースポーツ300世界選手権

World SBKと併催されるレース。4スト単気筒または2気筒、300〜400cc以下のバイクがエントリー可能。若手ライダーの登竜門的な位置づけとなっているクラス。

レース序盤から終盤まで、接戦が多いのが特徴。

YSSがサポートしているレーシングチームMTM KAWASAKIから、岡谷雄太選手がエントリーしている。

YSS Thailandの公式情報によると、2022年、同クラスでYSSがサポートしているライダーは9人、6チーム。

アルヴァロ・ディアス選手

ALVARO DIAZ
#27
YAMAHA YZF-R3(Arco Motor University Team

ディアス選手は、スペイン国内選手権(ESBK)SBKジュニアクラスの2021年チャンピオン。スペイン出身、2003年8月7日生まれのライダー。

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:2位
レース2:1位

アルヴァロ・ディアス yss 優勝
初参戦、初戦で初優勝を飾った
yzf-r3 yss 優勝 2022年 スペイン
https://www.facebook.com/motorupv

ディアス選手のマシンはリアサスペンションのほか、ステアリングダンパー、フロントフォークがYSS製となっている。出典:https://www.bikersthailand.com

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:11位
レース2:2位

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:6位
レース2:26位

レノックス・レーマン選手

LENNOX LEHMANN
#28
KTM RC390(Freudenberg KTM – Paligo Racing

レーマン選手はドイツ出身。2005年11月28日生まれ。同クラスへの参戦は2年目となる。

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:3位
レース2:3位

レノックス・レーマン yss 2022年 世界選手権
レノックス・レーマン選手
レノックス・レーマン yss 2022年 RC390
https://www.facebook.com/racingteamfreudenberg

写真から察するに、フロントフォークはKTM標準装備のWP製、リアサスペンションがYSSのようだ。

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:8位
レース2:10位

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:7位
レース2:12位

岡谷 雄太選手

YUTA OKAYA
#61
Kawasaki Ninja400(MTM Kawasaki

岡谷選手は東京都出身。1999年7月12日生まれ。同クラスへの参戦は今年で4年目となる。

公式サイト
公式フェイスブック
公式インスタグラム

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:5位
レース2:リタイヤ

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:4位
レース2:3位

岡谷 雄太 2022年 オランダ
今シーズン初となる表彰台獲得
岡谷 雄太 yss ninja400
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011099521787

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:3位
レース2:8位

ビクター・スティーマン選手

Victor Steeman
#72
Kawasaki Ninja400(MTM Kawasaki

スティーマン選手は、岡谷選手のチームメイト。オランダ出身、2000年6月15日生まれ。同クラスへの参戦は、岡谷選手と同じく4年目。

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:4位
レース2:21位

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:1位
レース2:8位

ビクター・スティーマン yss 優勝
2位との差0.038秒を制して、地元オランダで勝利をあげた
yss ninja400 世界選手権
https://www.facebook.com/MTMKawasaki/

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:4位
レース2:6位

ユーゴ・ドゥ・カンチェリス選手

HUGO DE CANCELLIS
#64
Kawasaki Ninja400(Prodina Racing WorldSSP300

カンチェリス選手はフランス出身、2001年5月9日生まれ。WorldSSP 300への参戦は5年目となる。

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:12位
レース2:12位

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:5位
レース2:1位

ユーゴ・ドゥ・カンチェリス yss 優勝
WorldSSP 300参戦 5年目の初優勝
Ninja400 yss 優勝

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:27位
レース2:7位

ブルーノ・イエラチ選手

BRUNO IERACI
#8
Kawasaki Ninja400(Prodina Racing WorldSSP300

イエラチ選手はイタリア出身、2000年8月14日生まれ。カンチェリス選手のチームメイト。同クラスへには参戦4年目となる。

Round1 スペイン アラゴン 4/8-4/10
レース1:10位
レース2:4位

Round2 オランダ アッセン 4/22-4/24
レース1:9位
レース2:4位

Ninja400 yss ブルーノ・イエラチ

Round3 ポルトガル エストリル 5/20-5/22
レース1:5位
レース2:リタイヤ

参考・引用元
https://www.worldsbk.com/en

2022年は引き続き、記事を更新する予定。

基本的にすべてのライダーや、レーシングチームが、コンスタントに情報を発信しているわけではありませんので、ある程度、成績上位のライダーを取り上げることになります。

(若手ライダーで、知名度がなく、活躍しないと海外メディアも取り上げないので、情報がない)

YSS 世界ロードレース選手権

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる