乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

YSS スペイン・イタリア国内選手権の実力は?

YSS 海外 評判

海外でのYSSサスペンションの評価についてレポートします。

もっとも真価が問われるのはレースであり、レース結果は動かせないので、YSSがサポートしているレーシングチーム・ライダーの紹介と、2022年のレース結果をお伝えします。

・スペイン選手権 ESBK
・イタリア選手権 CVI

それぞれカテゴリ別にまとめています。

YSSというメーカーや、耐久性については、すでにほかの記事でくわしく掘り下げています。

さらに上のクラス、世界選手権の記事はこちら。

筆者が独自に翻訳し、まとめているため記載漏れや、間違いがあるかもしれません。ご了承ください。

目次

ESBK スペインスーパーバイク選手権

スペインの国内選手権。

国内選手とはいうものの、イタリアやフランスなど、スペイン国籍以外のライダーも参戦していて、その数は30カ国。

公式サイトのリザルトによれば、MOTO4、PreMoto3/Promo3、SBKジュニア、SBK、Supersport NG、女性ライダーのみが参加するWomen’s 300など、多くのカテゴリーが存在する。

モーターサイクルスポーツの本場だけあって、各クラスともエントリー数が多く、20から30台でレースが開催されている。各カテゴリーで、序盤から終盤まで、トップグループで激しく順位が入れ替わるレース展開が多い。

ちなみに同選手権において、直接的にYSSユーザーのサポートをおこなっているのはCG Suspensiones。

スペインで二輪車のサスペンション研究開発、メンテナンスをおこなっている企業だ。

Gracia Suspensiones&Engineering

2007年、バレンシアに設立。SBK、MotoGP、スーパーモタード、オフロード全般(トレイル、エンデューロ、クロス、ラリーなど)の最高レベルのレース界で長年の経験を積んだ後、私たちは生まれました。

MotoStudentでは何度か、さまざまな国立大学とサスペンションシステムの開発、バイクのショックアブソーバーやフォークの設計でコラボレーションしています。(公式サイトを翻訳)

CG Suspensiones公式サイト
https://www.cgsuspensiones.com

Facebook ESBKレース
https://www.facebook.com/CG-Suspensiones-548559171933644/

YSS レーシングスタッフ
ライダーのかたわらにいるYSSスタッフ

SBK

ESBKの中でトップカテゴリーとなる。排気量は1000cc。

アレハンドロ・メディア選手

Alejandro MEDINA
#55
Kawasaki ZX-10R(SPEED RACING

メディナ選手はスペイン出身、1997年1月2日生まれ。2018年にMoto2、2020年にMoto2、MotoEに参戦していた。

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:8位
レース2:11位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:出走できず
レース2:2位

アレハンドロ・メディア カワサキ

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:予選中のクラッシュの怪我で途中棄権
レース2:—

浦本 修充選手

Naomichi Uramoto
#94
HONDA CBR1000RR-R FIREBLADE SP(JEG RACING

浦本選手 公式サイト

CBR1000RR-R 浦本 修充
https://www.facebook.com/94uramoto/

浦本選手は東京都出身、1994年7月24日生まれ。ESBK SBKクラスへの参戦は5年目となる。

CBR1000RR-R ESBK

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:6位
レース2:6位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:9位
レース2:6位

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:5位
レース2:5位

SUPERSPORT NG/SBK600 STK

エリック・フェルナンデス選手

Eric FERNANDEZ
#7
Kawasaki ZX-6R(SPEED RACING

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

STKクラス レース1:4位
NGクラス レース1:1位

レース2:リタイヤ

エリック・フェルナンデス カワサキ
エリック・フェルナンデス ZX-6R

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

STKクラス レース1:4位
NGクラス レース1:11位

STKクラス レース2:4位
NGクラス レース2:1位

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

STKクラス レース1:1位
NGクラス レース1:3位

レース2:リタイヤ

SBKジュニア

300〜400ccの市販車で争われるクラス。実質、Ninja400とYZF-R3の対決となっている。

ハビエル・コラル選手

Javier CORRAL
#20
Yamaha YZF-R3(ARCO MOTOR UNIVERSITY

ハビエル・コラル YZF-R3

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:—
レース2:8位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:13位
レース2:5位

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:9位
レース2:11位

ウナイ・カラタユ選手

UNAI CALATAYUD
#55
Yamaha YZF-R3(ARCO MOTOR UNIVERSITY

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:2位
レース2:2位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:10位
レース2:2位

ウナイ・カラタユ Yamaha YZF-R3
https://www.facebook.com/motorupv
ウナイ・カラタユ Yamaha YZF-R3
YZF-R3
ウナイ・カラタユ Yamaha YZF-R3
バレンシア レース2 表彰台

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:5位
レース2:リタイヤ

エドリアン・ロドリゲス・マーティン選手

ADRIAN RODRIGUEZ
#44
Kawasaki Ninja400(SPEED RACING

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:—
レース2:5位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:4位
レース2:3位

エドリアン・マーティン Ninja400

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:4位
レース2:5位

ファン・アントニオ・コネサ選手

JUAN ANTONIO CONESA
#74
Kawasaki Ninja400(MTM KAWASAKI)

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:—
レース2:15位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:6位
レース2:6位

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:22位
レース2:1位

YSSリアサスペンション Ninja400

PREMOTO3 / PROMO3

250ccのレース専用車両でおこなわれるクラス。

スペインバルセロナにあるBeon Automotivebeon社が、自社開発したシャーシに、ヤマハの水冷4バルブエンジン(YZ250F・WR 250 ’11など)を搭載したマシンを販売している。

エンジンパワーは40HP代、車両総重量は80kg代。車両価格は130万円から200万円ほど。

(ちなみにイタリアには自社開発したシャーシに、ヤマハ製エンジンを搭載するマシンを造るエボテック社がある)

アレックス・ロンガレラ選手

ALEX LONGARELA
#45
IGAX TEAM

ロンガレラ選手は2009年8月1日生まれ。2021年 ESBK Moto4クラスのチャンピオン。今年からMoto3にステップアップしている。


公式フェイスブック
https://www.facebook.com/Alexlongarela45
公式インスタグラム
https://www.instagram.com/alexlongarela45

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:4位
レース2:3位

アレックス・ロンガレラ pre-moto3

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:5位
レース2:2位

アレックス・ロンガレラ選手

所属するIGAX TEAMのFacebookにあがっていた写真。なにかチーム内で「うまくいかない」事があったそうだが、内容までは語られていない。レース1の結果が、納得できなかったのだろうか。

アレックス・ロンガレラ バレンシア
レース2 2位

さっきまでの深刻そうな顔はなんだったのか、と思うぐらいの喜びよう。深刻だったからこそ、喜びも大きいのかもしれない。

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:1位
レース2:4位

優勝したアレックス・ロンガレラ選手とIgaX Team
エストリル レース1

ペドロ・アロマー選手

PEDRO ALOMAR
#17
IGAX TEAM

アロマ—選手公式フェイスブック

アロマ—選手公式インスタグラム

アロマ—選手は2009年2月19日生まれ。ロンガレラ選手とはMoto4クラス時代からの良きチームメイトであり、ライバルのようだ。

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:3位
レース2:2位

ペドロ・アロマー pre-moto3
へレス 3位入賞
ペドロ・アロマー ESBK YSS

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:11位
レース2:12位

ESBK エストリル ペドロ・アロマー選手
エストリル レース2

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:4位
レース2:2位

MOTO4

150ccのエンジンを搭載したレース専用車両で競う入門クラス。

アンドレス・ガルシア選手

ANDRES GARCIA
#48
BEON(IGAX TEAM

ガルシア選手は2010年7月19日生まれ。2021年からMoto4クラスに参戦しているようだ。

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:2位
レース2:4位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:6位
レース2:2位

pre-moto3 アンドレス・ガルシア
アンドレス・ガルシアとマティアス・タンブリーニ
バレンシア レース2(左タンブリーニ選手/右ガルシア選手)

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:5位
レース2:1位

ポルトガル レース2

マティアス・タンブリーニ選手

MATHIAS TAMBURINI
#18
BEON(IGAX TEAM

マティアス・タンブリーニ
マティアス・タンブリーニ pre-moto3

Round1 へレスサーキット 4/1-4/3

レース1:6位
レース2:1位

Round2 バレンシア Circuit Ricardo 4/22-4/24

レース1:5位
レース2:3位

Round3 ポルトガル エストリルサーキット 5/13-5/15

レース1:8位
レース2:リタイヤ

IGAX TEAMは若手のライダーが多く、SNSの更新頻度も多い。興味のある方はフォローしてみてください。

ESBKのレースは、RFME YouTube公式チャンネルで観ることができます。

イタリアロードレース選手権(Campionato Italiano Velocità)

イタリアの国内選手権。通称CIV。スペイン選手権同様、複数のカテゴリに分かれている。

SBK1000

ロレンツォ・ザネッティ選手


LORENZO ZANETTI
#87
ドゥカティV4R 2019年(ブロンコス・レーシングチーム

Round1 Misanoサーキット 4/2-4/3

レース1:2位
レース2:リタイヤ

ロレンツォ・ザネッティ ドゥカティV4R
ロレンツォ・ザネッティ cvi
ロレンツォ・ザネッティ選手

Round3 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

欠場

SuperSport 300

バヌッチ・マッテオ選手

VANNUCCI MATTEO
#91
Yamaha YZF-R3(AG MOTORSPORT ITALIA YAMAHA

AG MOTORSPORT ITALIA YAMAHAは、ヤマハ発動機ヨーロッパイタリア支部がサポートするチーム。

Round1 Misanoサーキット 4/2-4/3

レース1:1位
レース2:1位

YZF-R3 バヌッチ・マッテオ
バヌッチ・マッテオ SuperSport 300
バヌッチ・マッテオ yamaha

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:6位
レース2:1位

2位に5.335秒の大差をつけて勝利
YSS YZF-R3 イタリア選手権 表彰台
レース2表彰台 中央がマッテオ選手

ヴォシーノ・エマニュエル選手

VOCINO EMANUELE
#12
KAWASAKI Ninja400(PRODINA RACING

Ninja400 ヴォシーノ・エマニュエル
ヴォシーノ・エマニュエル SuperSport 300
ヴォシーノ・エマニュエル カワサキ
ミザノ レース1 表彰式

Round1 Misanoサーキット 4/2-4/3

レース1:2位
レース2:3位

ヴォシーノ・エマニュエル YSS ninja400
ヴァッレルンガ レース1

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:1位
レース2:30位

マルテラ・マティア選手

Martella Mattia
#25
KAWASAKI Ninja400(PRODINA RACING

マルテラ・マティア ninja400

Round1 Misanoサーキット 4/2-4/3

レース1:11位
レース2:4位

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:10位
レース2:リタイヤ

マリノ・サムエレ選手

Marino Samuele
#45
KAWASAKI Ninja400(E&E Academy GP

Round1 Misanoサーキット 4/2-4/3

レース1:—
レース2:8位

Round2 レース1表彰台(右 サムエレ選手)

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:3位
レース2:6位

Pre-Moto3

ルカ・アゴスチネリ
#9
LUCA AGOSTINELLI
M&M Technical Team

イタリアのテルニ出身、テルニ在住。イタリア系ベトナム人ライダー。

Pre-Moto3 ルカ・アゴスチネリ
Pre-Moto3 ルカ・アゴスチネリ

Round1 Misanoサーキット 4/2-4/3

レース1:2位
レース2:5位

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:リタイヤ
レース2:4位

NATIONAL TROPHY1000

ナショナルトロフィーは、ストリート系レーシングバイクとプロトタイプに限定したスピード選手権。

ルカ・サルバドーリ選手

Luca Salvadori
#23
ドゥカティ パニガーレV4S(ブロンコス・レーシングチーム

サルバドーリ選手はイタリアミラノ出身。1992年3月2日生まれ。かつてのヨーロッパ選手権「Superstock 600」、「Superstock 1000」に参戦していた。

ドゥカティ パニガーレV4S ルカ・サルバドーリ
ルカ・サルバドーリ ブロンコス・レーシングチーム

Round1 MISANOサーキット 4/2-4/3
2位

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:4位
レース2:リタイヤ

シモーネ・サルタレリ選手

Simone Saltarelli
#73
ホンダ CBR1000RR-R(TCF Racing Team)

サルタレリ選手はイタリア出身、1985年8月23日生まれ。2005-06年、2008-09年に欧州Superstock1000に参戦していた。

Round1 MISANOサーキット 4/2-4/3
4位

YSS CBR1000RR-R シモーネ・サルタレリ
YSS national trophy1000 CBR1000RR-R

Round2 Vallelungaサーキット 5/7-5/8

レース1:1位
レース2:2位

TCF Racing Team YSS
シモーネ・サルタレリ YSS NT1000
YSS イタリア CBR1000RR-R

参考引用元:

ESBK RFME
https://rfme.com/

CVI
https://www.civ.tv/

本記事は引き続き、更新する予定。

YSS 海外 評判

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる