乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

ばれると逮捕も?!ボアアップする場合の注意事項

CB125T シリンダー

CB125Tは免許を取って間もないライダーも増えているようなので、念のため。

けっこう大事な話です。

125cc(原付二種)のバイクをボアアップして、排気量が125ccを越えると、市役所や陸運局で軽二輪登録(126cc~250cc)が必要です。

もし、ボアアップしたのに原付二種登録のまま乗っていると

1,無免許運転
2,脱税

になります。

142ccにボアアップした場合、普通二輪免許または大型二輪免許が必要になります。

小型二輪免許(AT限定を含む)だと、無免許運転になってしまいます。(正確には免許条件違反と言います)

道路交通法

第117条の2の2 次の各号のいずれかに該当する者は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

この場合、反則金の違反キップ(青色)ではなく、いきなり逮捕される事があります。

それだけではなく、免許取り消しになったり、免許取り消しから数年間は免許の交付を受ける事ができなくなる可能性があります。

無免許運転ってそれだけ重罪なんですね。

それに、忘れてならないのが軽自動車税。

原付二種だと2,400円(91cc~125ccの場合)ですが、軽二輪(126cc~250cc)だと3,600円です。

「たった1,200円の違いじゃん」

そう思うかもしれませんが本来、3,600円かかる税金を2,400円しか払っていないわけですから、脱税である事には変わりありません。

後日、脱税行為が発覚した場合、本来納める金額を払わなければならないのはもちろんのこと、延滞金などのペナルティが加算されることがあります。

たまに「250ccのバイクに350ccのエンジンを載せています」という車両を目にすることがありますが、これもきちんと手続きしないと、脱税になります。

大事なことなので少し長くなりましたが、ボアアップする場合は法律的に問題が無いよう、きちんと「軽二輪登録」しましょう、と言いたかったのです。

目次

ボアアップしたときの手続き方法

おおまかにいうと

1,ナンバープレートを取得した市役所

2,管轄の陸運局

で手続きすることになります。

現在のナンバープレートを返して、新たに軽二輪(白ナンバー)を取得するからです。

お住まいの地域の陸運局を調べてみてください。

地域によって多少、手続きの流れが違うかもしれないので、事前に管轄の陸運局や市役所に確認することをお勧めします。

(管轄の市役所や、陸運局のサイトを見ておくといいです)

私の場合、陸運局の窓口で確認してから、軽二輪登録しました。(1回で無事、登録できました)

バイクの名義が親など、家族名義になっていたり、引っ越して、住民票が実家のままになっている場合は、それを伝えた上で、手続き方法を確認したほうがいいでしょう。

イレギュラー対応になると、二度手間、三度手間になっちゃいますからね。

注意点

ボアアップや、軽二輪登録自体はそうむずかしいものではないです。

ただし、白ナンバーを取得できる事と、「安全に走れるバイクである」という事はまったく別の話です。

たとえば法律上、新東名高速で120km/hで走行できるとしても、安全面については疑問符がつきます。

もともと法定速度60km/h以下での使用を想定されたバイクですから、パワーが上がれば、ブレーキの制動力が不足するかもしれませんし、ブレーキを強化すれば、サスペンションも見直す必要が出てきます。

CB125Tの142ccボアアップに限っては、とくにエンジン寿命を縮めるものではありませんが、制動力の不足は出てくると思います。

筆者の場合、ノーマルの時点で制動力不足を感じていたので、ブレーキを強化したり、高速道路の走行を見越して、足回りを強化してました。

以上、手続き以外の注意点でした。ぜひ安全に楽しんでくださいね。

CB125T シリンダー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる