乾ヤスタカ|コアなバイクブログ

VT250スパーダ YSSリアサス交換

vt250スパーダ 社外サス

YSSリアサスペンションME302の取り付け解説です。

5台のスパーダのリアサス交換をおこなった上で、もっとも作業難易度が低い方法を、注意点を踏まえた上で、お伝えします。

準備するもの

・ジャッキや、メンテナンススタンドなど、車体を安定させるもの

・トルクレンチ、メガネレンチ(インパクトドライバーがあればなお良い)

・マルチグリス

注意事項

1,ここで紹介するリアサス交換の手順は、あくまで一例です。参考情報として利用してください。バイクの状態次第では、紹介した以外の方法で、交換することが望ましい場合があります。

2,リアサス交換作業にあたっては、30年以上前のバイクということもあり、ボルトが固着しているケースが多いです。(インパクトドライバーを使用しても動かない場合も)

3,転倒や怪我のないよう、安全に配慮して作業をおこなってください。

目次

リアサス取り外し方法

まず、リアサスを取り外すために、干渉するパーツを外す作業からスタートします。

vt250spada シート取り外し
シートを外した状態

シートカウルを外します。

続いて、車体の左側、サブフレーム付近。

リアサスペンションをとめている上部と下部のボルト、リンクを取り外せる状態にします。

vt250spada リアサス取り外し
車体右側から撮影

写真はサブフレームのボルトを外して、リアサス上部にアクセス。ナット(18)を外した状態です。

vt250spada サブフレーム
サブフレーム

パーツリストでいうと「16」と「18」になります。一度も緩めたことがない場合、固着している事が多い箇所です。

ナット(18)をメガネレンチなどで固定した状態で、ボルト(16)を緩めてください。ナットが外れたら、ボルトが抜けます。

もし、ナットが外れたのにボルトが抜けない時は、ナット側(18番側)に、ドライバーのような細い棒を通して、ハンマーなどで叩くと、ボルトが抜けやすいです。

ボルトを緩めて、取り外す

ごらんのとおり、リアサスを取り外す作業自体はシンプルです。ただ、ボルトを取り外すための工具を入れるスペースを確保すること、ボルトを抜くスペースを確保するのが、けっこう大変です。

車体の左側、サブフレームのすき間からうまく工具を入れて、ボルトが外せたらいいのですが、ガソリンタンクのホースや、配線コネクター、サブタンクなど、干渉する部品があります。

干渉する部品は、車体によって個体差があるため、必要なものだけ外したり、移動させてください。

手間を惜しんで強引にやろうとすると、破損につながるため、注意が必要です。

リンクの脱着

次にリアサス下部のリンクプレートですが、前出パーツリストの赤い矢印の箇所に刻印が入っています。

vt250spada リンク
車体右側から見たリンク
vt250spada 純正リアサス
車体右側から見た写真(→フロント)
vt250spada
リアサス交換後 車体左側から見た写真(←フロント)

写真のように、リンクプレートの刻印を上向きにして組んでください。

リンクには向きがあります

スパーダのリンクは、車高を変更するため、意図的に純正とは違う組み方をされているケースがあります。

中古車を購入された場合、前オーナーによってリンクの組み方が変更されている場合があります。

分解前に確認の上、交換作業を行ってください。

YSSリアサスペンションに交換した際、へたっている純正リアサスペンションと比較して、乗車時(バイクに跨がって停止した状態)の沈み込み量が少なくなります。

リアサスが沈む量が少なくなる分、以前よりシート高が高くなります(正確には本来の高さに戻るだけです)。

要は、現在リンクを組み替えて、ちょうどいい高さだったとしても、リアサスを交換する事で、場合によっては足つき性が変化する可能性があるという事です。

もし、足つき性が悪くなるようなら、本来の位置でリンクを組むようにしてください。

リンクを取り外します。

vt250spada リアサスペンション取り外し
車体右側からリンクプレートの取り外し
vt250spada リンク分解

スパーダのリンクは設計が良いのか、CB125Tと違って固着しないようです。(過去5台のスパーダを見る限りでは)

vt250スパーダ リアサス取り付け yss

向きを確認して、リアサスを取り付けます。

vt250スパーダ 社外サス
車体左後方から撮影

リアサスペンション上下マウント部分のボルトには、モリブデングリスの塗布をお奨めします。(マルチグリスでも可)ボルトの固着を防ぐためです。

リンクのボルトも、必要に応じてグリスアップするといいでしょう。

外したパーツを元どおり組み付けたら作業完了です。

スムーズに進めば60分ほどで終わりますが、あちこちボルトが固着している場合は、それ以上かかる事もあります。

(やむなくリアホイルを外したこともあります)

ボルトが固着した場合の対処法

わたしたちが完全に固着したボルトを取り外す場合、ワコーズの業務用ラスペネを使っています。

古いバイクを扱っていると、リアサスペンションにかぎらず、固着したボルトだらけです。

固着したボルトやナットに吹き付けて数分、放置。再度トライすると、ほとんどのケースで、固着したボルトが緩みます。

商品をお買い上げのお客様は、取り付けで不明な点があれば、お問い合わせください。

有限会社 ガレージ湘南
TEL 0466-54-7213

vt250スパーダ 社外サス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる